誰にもバレずに借りるモビット

 

モビットで借りるメリット・デメリット

三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていて、社会保険証もしくは組合保険証を持っていればweb完結で融資まで可能です。

 

総量規制の対象となるので年収の1/3以上は借入をすることが原則として出来ないのがデメリットでしょう。

 

審査・金利・返済に関する情報

実質年率 3.0% ~ 18.0%
限度額 1万円 ~ 800万円
即日審査 10秒簡易審査

お申込み終了後、その場で10秒で簡易審査結果表示をします ※21:00?翌9:00はお申込み受付のみとなります
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合がございます

土日祝日対応 可能
来店不要 不要

 

借入地域 全国
年齢条件 20歳 ~ 69歳以下
申込資格 安定した定期収入のある方 ※アルバイト/パート/自営業の方も利用可
必要書類 運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等の写し
収入証明 -
資金使途 自由
担保 不要
保証人 不要
金利体系 固定金利
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済日 毎月5日/15日/25日/末日より選択
返済方法 口座振込/口座引き落とし/提携ATM/コンビニATM

※口座引き落としは三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行に口座のある方のみ

繰上返済・臨時返済 カード入金、振込返済可能 ※手数料はお客様負担
遅延損害金 20.00%(実質年率)

 

申込・審査の流れ

  1. インターネットで申込
  2. メールまたは電話にて審査結果の連絡
  3. カード発行(WEB完結の場合はなし)
  4. 借入可能

 

モビットで借りる前に

 

モビットで借りる前に必ず確認しておく事は下記の通りです。

 

モビット審査で必要書類は何?

モビット審査で必要となる書類に関してですが、まずは本人確認書類があります。

 

これは写真が写っているパスポートや運転免許証などが必要ですが、それ以外にも健康保険証などでもOKとなっています。

 

また総量規制の規則によって収入証明が別途必要になることがあるので、これは即日審査や融資などを考えている人は事前に準備しておくといいでしょう。

 

モビットの返済額はいくらから?

キャッシングにおいて特に気になる点としては返済額がどれだけあるかという点でしょう。

 

こちらのモビットにおいては借入金額で変動しており、最低の10万円以内ならば返済額が4000円となっています。

 

これらの返済額の変動は借入後残高スライド元利定額方式となっており、ボーナス時などでは追加返済が可能となっているのも嬉しいですね。

 

モビットでweb完結させる方法は?

モビットは最近の消費者金融やキャッシングのサービスとしてweb完結サービスがありとても便利なのが人気の秘密となっています。

 

こちらだと来店は不要で便利な他にも、電話確認などもないので使いやすいサービスとなっています。

 

しかし利用条件としてはいくつかを満たしていることが必要となり、それは三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている点があります。

 

さらには社会保険証もしくは組合保険証を持っている点も必要となるので、出来る人は限られてくるかもしれません。

 

この方法ではweb完結をするためにカード発行が行われず、したがって外出先でのATMでの借入は出来ないという点もあるので覚えておきましょう。

 

モビットは一括返済可能?

借金返済に関しては金利と同時に気になるのが返済方法ですが、多くのキャッシング会社同様にモビットでも一括返済が可能となっています。

 

自分の都合のいい時に一括返済をすることが出来るので、ボーナス時などを上手に使うと少なくない金利や利息などをお得にすることが出来ます。

 

モビットの返済方法は?

モビットの返済方法としては提携ATM、口座引落、または銀行振込の三種類となります。

 

インターネットバンキングを利用した返済方法はないので注意しましょう。

 

提携ATMとしては三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などや、各種コンビニでのATMでの返済が時間を問わずに出来るので便利となっています。

 

提携ATMや銀行振込サービスを利用する際には手数料が掛かってしまうのですが、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行の口座引落サービスを利用する場合は手数料が無料となっています。