会社から5万を借りる方法と言い訳集

借用書
お金が必要になった場合に、銀行や消費者金融ではなく、勤務している会社から融資を受けられる場合があります。

 

これにはその会社が従業員貸付制度を導入していることが条件になりますが、この制度を利用して融資を受ける場合、比較的低金利で借りることができます。

 

会社からお金を借りる方法

 

勤務している会社に従業員貸付制度がある場合、それを利用して融資を受けることができます。
現在はこの制度が導入されていない場合、労働組合が労使協定によってそれを導入することを求めることで、将来的に実現される可能性があります。

 

この従業員貸付制度を利用するには条件が付いており、これはその会社によって異なりますが、一般的に入社してから3年未満の社員への融資は行わないことがほとんどです。
融資金額は一般の社員、課長職、部長職などの役職によってその上限金額が違うことがあり、例えば一般の社員は最高でも100万円まで、課長職の場合は200万円、部長職以上は300万円などと決められている場合が多いです。
毎月の返済金額や返済期間については相談できることが多く、生活をしていく上で無理のない範囲で毎月の給料からの天引きとなります。

 

そして、勤務している会社からとはいえ、お金を借りれば当然金利が発生します。
この金利は銀行や消費者金融のカードローンを利用した場合よりかなり低くなっており、これは融資を受ける金額や借り入れ期間によっても変わりますが、年利にして2~4%程度だと考えておいてください。

 

融資の申し込みを行う段階で、借りたお金の用途を問われますが、これは日々に生活に必要な理由でないといけない場合がほとんどです。その為、これは実際には違う用途で利用する場合でも、子供の教育資金の為や、医療費などといった名目にしておくべきだと言えます。

 

基本的には必要とならないことがほとんどですが、融資を受ける金額が高額な時など場合によっては連帯保証人を求められることがあります。

 

会社からお金を借りる言い訳集

 

上でも挙げましたが、この従業員貸付制度を利用して会社からお金を借りる場合、それ相応の理由が必要になることがほとんどです。

 

この理由としては、子供の教育費などといった名目が一番無難だと言えますが、肉親や親戚などが亡くなった時と重なる場合はその葬儀費用などとして、また、同じように肉親などが大きな手術などを行った場合はその医療費といった名目であれば、まず問題になることは無いでしょう。
借りる相手が会社だけに、この教育費や医療費といった名目であれば、それが理由で融資を断られることは無いと思われます。

 

ですが、間違っても私的な旅行の費用や、現在の自分の借金の返済の為などいう理由で融資を受けようと思ってはいけません。この制度は会社が自社の従業員に対して、特別に低金利で融資を行ってくれる制度です。よって、実際には他の用途に利用する場合でも、常識的な理由を付けて申請を行うことが大切です。

 

まとめ

 

会社からお金が借りられるかどうかは、この従業員貸付制度が導入されているかどうかです。
比較的従業員が多く、労働組合がある会社であれば導入していることが多いので、まずこの制度があるかどうかを確認してみましょう。

 

実際に利用できるのは入社から3年が経過していないと難しい場合が多いですが、利用できる場合はその他のローンを利用するより金利的にお得なので、これを利用しない手はありません。