生命保険でお金を借りる方法

急な出費が続いてお金が足りないと言うとき、加入の生命保険からでもお金を借りることが可能です。
生命保険は万が一のときに保険金の受け取りができる代わりに保険料の支払が必要です。
なぜ生命保険でお金が借りられるのか、その理由は契約者貸付制度が設けられているからです。

 

それでは生命保険でお金を借りる制度について解説していきたいと思います。

 

金利が低いと言うメリットがある

お金を借りられるローンには無担保と有担保と大まかに分けて2種類あります。
このうち有担保は一定以上価値のある財産を担保に入れることが必要です。
その代わりに無担保より金利が低いと言うメリットがあります。
生命保険の契約者貸付制度は解約返戻金を担保にお金を借りることが可能です。
解約返戻金とは文字通り、解約したときに戻ってくるお金のことを言います。
無担保だと万が一、借主が返済できなくなったときの回収が難しくなります。
しかし担保があると回収が容易なため、生命保険の契約者貸付制度でも一般的な無担保ローンより金利が低くなっています。
生命保険には予定利率と言うものがあります。
この予定利率は保険会社が保険料を設定するときに重要です。
保険会社は契約者から受け取りした保険料を運用に回しています。
予定利率とは予定運用利回りのことを言います。
予定利率の高い生命保険ほど解約返戻金が有利になる仕組みになっています。
生命保険の契約者貸付制度の金利はこの予定利率より1%から2%ほど高めに設定することが多くなっています。
バブルの頃には高い予定利率の生命保険が多く見られたものの、現在ではそれ程高くはありません。

 

いくら借りられるのか

ローンには限度額と言うものがあり、その範囲なら繰り返し借りることが可能です。
この限度額は信用力や返済能力などをもとに算出しています。
カードローンへの新規契約の場合、10万円から50万円ほどの限度額が設定されることが多くなっています。
生命保険の契約者貸付制度の場合、借りられる金額は解約返戻金に対し70%から90%ほどが目安です。

 

生命保険の契約者貸付制度を利用するには

生命保険の契約者貸付制度でお金を借りるには、まずは保険会社に利用したいと連絡することが必要です。
その後は契約者貸付制度申込書などの書類に記入し保険会社に提出します。
保険会社によって異なるものの、申し込み後からお金の振込まで1週間ほどかかります。
即日融資を行うカードローンと違い、時間がかかると言う点には注意して下さい。
中にはATMからカードを利用してお金を借りられる保険会社もあります。
お金を借りた後の返済はインターネットバンキング、ATM、窓口など様々です。
契約者貸付制度は保険会社によって異なるために事前に確認して下さい。