友達から5万円を借りる方法

友達
友達からお金を借りる必要がある時、あなたならどのようにしてお願いしますか?借りたことがある人は、その後の友達との関係は上手くいっているでしょうか?親しい間柄でもお金に関してはシビアなものです。借りる方法が悪ければ友人関係に亀裂が入りかねません。円満に友人からお金を借りるにはどのようにすれば良いのか、説明します。

 

友人からお金を借りる方法

まず前提として、お金を借りるには相手を納得させなければいけません。額の大小に関わらず相手の理解と納得が得られれば、それがたとえ高額であっても借りられます。相手にとっては「友人を助けたい」という思いが大切で、それによりお互いに気持ちよく貸し借り出来るようになります。では、そういった状況をどのようにして作れば良いのでしょうか。

 

借りたい理由を詳しく説明する

お金を借りるにあたっての基本中の基本です。なぜお金が必要なのか、なぜお金が無くなったのか、借りたお金を何に使うつもりなのかを順を追って詳しく説明する必要があります。誰しも、訳も分からずお金を貸したいとは思えないものです。借りるからには事情を話すのが筋であると考える人が大多数である為、この説明が無ければ非常識だととられて敬遠されてしまう恐れがあります。

 

お金を返す方法、返せそうな時期を伝える

お金を貸したいと思わせるには、理由の説明だけではまだ不十分です。貸す側の不安要素のほぼ全ては、「本当に返してくれるのか?」ということです。その不安要素を取り除くには具体的な説明が必要不可欠です。どのようにしてお金を手に入れて、いつ頃返せるのかということを話すことで安心させなければいけません。たとえ、全く目処が立っていなかったとしても、どうしても借りたいのであれば希望的観測でも伝えなければ、借りることは難しくなってしまいます。

 

お金を借りるには相手によく話をして理解してもらうことが必要だと述べましたが、場合によっては真実を伝えない方が良い時もあります。例えば、ギャンブルや異性への貢ぎ過ぎなど自業自得とも言える理由でお金が必要になった場合、その通りに話すと貸してもらえなくなる可能性があります。絶対に借りたいのであれば時には言い訳が必要です。

 

□友達からお金を借りる言い訳集

  • 財布を落としてしまった又は盗まれてしまった
  • 自分自身の怪我による通院で治療費が必要になった
  • 家族の入院で多額のお金が必要になった
  • 弟(妹)の留学費用に協力してほしい
  • 会社(アルバイト)をクビになってしまった

 

以上のように自分に非がない理由であれば、相手としても「何とか力になりたい」と思いやすく気持ちよく人助けをするつもりで貸すことができます。

 

まとめ

どうしてもお金を借りたい時には、どのような言葉でどう説明するかということをじっくりと考えてからお願いすることが大切です。親しき中にも礼儀あり、とはよく言ったもので、お金に関しては特に友人であっても許容できない部分があるものです。お互いに納得して貸し借りが出来るように配慮することが、お金を借りる一番の近道かもしれません。