生活費が足りない場合に確実に解決できる3つの対処法

生活費
生活費が足りないときは

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • 足りない分のお金を借りる

 

この3つしかありません。

 

収入を増やす

昔は稼ぐ方法といったらアルバイトを掛け持ちしたり、収入の低い内職しかありませんでしたが、今では稼ぐ手段はいくらでもあります。

 

例えばメルカリやyahooオークションを使って使っていない洋服や小物、子供のおもちゃを売れば1000円~10000円、20000円稼ぐ事が出来ます。
また、アフィリエイトサイトやブログサイトを作って商品を売れば100万円以上稼ぐ事も可能です。

 

スマートフォンを使って在宅ワークなどもあるのでぜひ、色々試してみるといいでしょう。

 

支出を減らす

まず、生活費が足りないような環境になって一番に思いつくのが支出を減らす事なのではないでしょうか。
例えば電気ガス水道などの公共料金を減らす為に節電したり、
1円でも安い食費を買い求めていつも寄っているスーパーではなくちょっと歩いて別のスーパーで買い物したりする人がいますが
実はこういった支出を減らす節約というのはあまり効果のない事なんです。

 

例えば、日で30円の節約が出来たとしても一ヶ月で節約できる金額は900円です。
この900円を節約する為に我慢しストレスがためてしまう方が後々お金を使ってしまう要因になってしまう事が多いんです。

 

支出を減らすのであれば10円20円の節約よりも、携帯を大手キャリア会社から格安スマホに切り替えたり、生命保険をいくらか戻ってくるタイプではなく掛け捨て保険に切り替えたり、いつも買っている洋服ブランドから安いブランドに切り替えるなどして1000円以上の節約をするようにしたほうが節約の効果は高くなります。

 

まずは何にお金を使っているのか見直し、1000円以上の節約ができる支払いが何かをピックアップしましょう。
これでだいぶ生活費に余裕が出てくるはずです。

 

足りない分のお金を借りる

一番てっとり早いのがお金を借りる方法ですが、
てっとり早い方法だから故に、自分の状況を把握していないのにお金を借りる人が多くいます。

 

返済できるお金も無いのにお金を借りるのは自己破産の予備軍でしかありませんので絶対にNGです。

 

最近では30日~180日ほど金利0円でお金を借りる事もできますが、返済が出来なければ無利息も意味がありません。

 

お金を借りる前に、返済できるのかシミュレーションをしっかり立てましょう。