アルバイトがお金を借りる方法

アルバイトでもお金を借りれる方法

アルバイト
アルバイトは不安定な雇用形態だからお金を借りることはできない。
そう勘違いされている方が、世の中には結講いますが、
実はアルバイトでもお金を借りる事が出来ます。
その方法は多岐に渡りますが、その中でも代表的なのは、
消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を使って
お金を借りる方法と、家族や友人などの身内からお金を借りる方法です。
ではこれらの方法のなかで、どれを選ぶのが一番よいのでしょうか。

 

おすすめなのはどれ?

 

この中でオススメの金策は、友人や親など、身内からお金を借りる方法です。
その理由は、これらの相手からなら、無利子でお金を借りられるからです。
普通、消費者金融などからお金を借りると、年利15%~20%ほどの利子を取られます。
これらの利子は、さっさと元金を返さない限りいつまででもとられ続けますので、
それなりに負担感があります。
さらに、期日までにお金を返さないと督促されることもあります。
それに比べると、身内からの借金はずっとゆるいものなので、
これらの業者にお金を借りるより、ずっと気楽にお金を借りられます。
なので、出来るだけ身内からお金を借りるのが一番よいのですが、
たいていの場合、身内がお金を貸してくれる量には限度があります。
これを考えると、お金が必要な場合はまず身内からお金を借りて、
それで足りなければ消費者金融などの業者からお金を借りると良いでしょう。

 

バイトを始めたばかりでも借りれるの?

 

当然、アルバイトを始めたばかりの人でも消費者金融などでお金を借りる事が出来ます。
ただし、アルバイトを始めたばかりということは、
まだ収入基盤が不安定ということになるので、
長年同じところに勤務し続けた人に比べると、
多少審査が厳しくなることは確かです。
ですが、アルバイトを始めたばかりでも収入があることには違いないので、
審査基準のゆるい消費者金融などからなら、問題なく借りることが出来ます。
ただし、もともと収入が低めのアルバイトである上に、
それを始めたばかりということになるので、
たくさんのお金を一気に借りるのは難しいでしょう。
ただし、返済を地道に繰り返して信用を得れば、
借りられるお金が増額されるので、
たくさんお金を借りたいなら、まず信用を得るところから始めるのがいいでしょう。

 

職種はなんでも借りれるの?

 

消費者金融などでお金を借りる上で、特に職種は関係ありません。
なので、アルバイトなら接客の仕事だろうが、
製造の仕事だろうが、調理の仕事だろうが、
問題なくお金を借りることが出来ます。
要するに、お金が稼げていれば、
言いかえればお金を返せるための収入基盤があれば、
金融業者はお金を貸してくれるので、
その仕事の内容については、あまり関係がないのです。
ただ、安定性の高い職種で働いているアルバイトの場合、
貸してくれる金額を多少上乗せしてくれるとか、
そういう意味で少しだけ、職種が影響してくるかもしれません。