免許証なしでお金を借りる方法

免許証
キャッシングをしたいけれど、免許証が手元にない、あるいは免許証を持っていない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

その場合、カードローンを借りることをあきらめてしまう方もいらっしゃると思います。

 

しかし、最近では、マイナンバーカードでキャッシングができる金融業者も増えています。

 

そこで、免許証なしでお金が借りれるのかどうか、ということについて詳しく見ていきましょう。

 

免許証なしでお金は借りれる?

 

免許証なしでお金は果たして借りることができるのでしょうか。結論から言うと、身分証明書がない場合には、カードローンを借りることはできません。

 

なぜかというと、身分証明書である免許証がない場合、本人がどこに住んでいるのか、また本人の確認ができないことになります。

 

借りた本人が返済できなくなった時の回収に困りますので、必ず身分証明書は必要となります。

 

金融機関であればどこであろうと、本人の確認ができる身分証明書が必要となります。

 

運転免許証がない場合には、たとえば健康保険証や、パスポートがあればよいですが、それ以外もないとなると、借りることは厳しいです。

 

おすすめはマイナンバーカード

 

そこで、お金を借りる際に便利なのがマイナンバーカードです。

 

借り入れの申し込みの際には、マイナンバー制度でこのたび導入されている、マイナンバーカードを提示することがで使える、カードローン業者があります。

 

こういった業者の場合、マイナンバーカードを身分証明書として使用することができます。

 

マイナンバーカードは誰しもが持っているカードですので、免許証がない、という場合には、おすすめです。

 

・マイナンバーカード提示は大丈夫なの?

 

しかし、マイナンバーカードを提示することで、キャッシングができるカード会社はかなり希少であるともいえ、かなり数が少ないといえます。

 

このため、借りようと考えている金融機関が、マイナンバーカードの提示によりキャッシングができるのかどうか、ということを下調べしておくことが必要となります。

 

下調べする際には、手間がかかりますが、しかしあらかじめ調べておくことでスムーズにキャッシングができます。

 

マイナンバーカードの提示によりキャッシングができる金融機関も最近では、増えてきていますので、これからはマイナンバーカードを提示することで、よりキャッシングがしやすくなるといえるでしょう。

 

・まとめ

 

キャッシングの申し込みをしたいけれど、免許証がない…という場合には、その他の身分証を用意してみる、あるいはマイナンバーカードで借り入れができる金融機関を調べてみることが必要です。

 

最近では、消費者金融の「アイフル」や「じぶん銀行カードローン」などでは、マイナンバーカードでの本人確認が可能となっています。

 

しかし、マイナンバーの通知カードは本人確認書類として使えませんので、気を付けるようにしてくださいね。